あざ治療de即効解消│基本的には5回から6回程度の施術が一般的で少しずつ体感

女性

影響とアフターケア

脚

レーザー治療を受けた際の身体への影響は、肌が白くなったり赤みが出たりかさぶたができることくらいです。1週間程度経てば、いずれも消失します。アフターケアとしては、入浴や洗顔時にあざのあった部分は擦り過ぎないことです。紫外線対策もきちんとやりましょう。

詳細を読む

種類と対策

デコルテ

あざには種類が多いので、青、黒、茶など色調によっていろいろなものがあります。黒あざの治療方法としては、レーザー、メスによる手術、植皮術があります。黒あざの場合は、悪性化の可能性もあるのでメスでの手術が根本的な治療になります。

詳細を読む

レーザーと注意点

美容

あざが気になる人は治療を受けますが、その場合の治療方法はレーザーによるものです。あざにも青あざや赤あざなどいろいろな種類がありますが、レーザーを使えば痕跡はほとんど残りません。また、細胞が傷つくことはありません。あくまでも少し火傷状態になるだけです。火傷というと少し大げさな表現になりますが、赤みがつくだけです。レーザーを受ける期間としては、治療する部位によります。あざが小さければ1回の治療で済みますが、面積が大きい場合や深い場合は時間がかかります。基本的には5回から6回程度の施術が一般的になっています。効果はすぐにはあらわれませんが、施術を受けるたびに少しずつ体感することができます。治療は継続的に受けるのが良いです。

レーザーの治療において注意すべき点があります。レーザーの照射が目に入ると失明する可能性がありますので、きちんと医師の指示に従う必要があります。施術を受けるに医師から説明を受けたあと専用のメガネを渡されます。もし目に近い部分で治療を行う場合はアイカップと呼ばれる目の保護具を使用することもあります。これで目にレーザーの光が照射されることはありませんので、目への悪影響は全くありません。また、レーザーを照射した後、照射部分の皮膚は真っ白になりますが、心配することはありません。30分程度時間が経過したらすぐに赤色に変わります。その赤みも次の日には消えてしまいます。その後、人によってはかさぶたができることもありますが、医師から専用の薬をもらいますので、それを塗布すれば問題ありません。

レーザーできれいに治す

背中

あざを除去するのに、身体に負担のかからないレーザー治療が支持されていますが、あざにもレーザーにもそれぞれタイプがあります。カウンセリング等で、自分のあざに合ったレーザーを選択しましょう。また、レーザーは完治までに時間がかかるなどの特徴があるので、その辺りを想定した治療計画を立てましょう。

詳細を読む